初期費用は抑えよう

付属品カメラ、特に一眼レフを購入するさいには、付属品の計算は必要です。一眼レフは本体(ボディ)のみと、レンズがセットになったものがあります。すでに一眼レフを購入済みのかたで、各種レンズをお持ちのかたにとってはセットは不要ですが、初めて購入されるかたにとってはレンズは必須です。ボディだけあってもレンズがなくては一眼レフは使用することはできません。

またSDカードも別途購入となるとその費用もかかることになります。付属品の計算を行わず100円安かったとして、SDカードがついていなければこれを購入するためにその費用が加算されるため他よりもお得だとはいいきれません。自分が現在所有している物もありますので、あくまでトータルを計算して購入するようにしてください。

カメラは凝りだすときりがありません。デジカメはアナログカメラに比べると一回の撮影費用は安価です。フィルム代やそれに伴う現像代はかかりませんし、映像で確認できるため失敗も少なくて済みます。ですが初期費用(SDカードや編集用のPCやソフトなど)がかかりますし、なによりカメラであることに変わりはありませんので凝ってしまうと次から次へと欲しいものが増えていきます(三脚やレンズ、各種フィルターなど)。そのため購入の初期費用は抑えておきたいのは当然ですので、不要なものはなるべく買取りに回しておいたほうがお得だといえるでしょう。

Post navigation