デジタルカメラの普及

デジタルカメラは常に新型が登場し、今持っているカメラはたとえ新型だとしてもほんの数か月で旧型へと変わってしまいます。それほどまでにデジカメの進歩は目覚ましく、家電の中でも激戦区といっても過言ではありません。なぜそれほどまでに市場は新型を求め、そしてメーカーは新型を発表するのでしょうか?それはやはりスマホによるものが大きいでしょう。

デジカメスマホはインターネットと直結しており、アプリを簡単にダウンロードすることができます。また画像をSNSなどにアップロードすることも簡単に行うことができます。スマホ一台あれば、デジタル画像に関わることが可能なのです。デジカメの場合はカメラ本体だけでは修正もアップロードもできません。インターネット用の媒体が必要になってきます。ですがデジカメはあくまでカメラであり、いわば専用機器です。画像や映像を収める専用のものであり、万能選手であるスマホとは写すことに関してはスマホのカメラ機能とはレベルが違います。スマホにより「撮る」楽しさを覚えた人が、より高度なもの、専門的なものを求めてカメラの需要が高まったのは当然といえるのではないでしょうか。

デジカメ初期はコンパクトカメラに人気が集中していましたが、最近ではより高性能なカメラに人気が集中しています。そのためにメーカーは新型を出し続けているのですが、ただ販売するだけでは新商品は買ってはくれません。次の商品への購入の手助けをするために、買取りサービスを行っているのです。


・・・どれがお得か

Post navigation